目の幅が広い

目の縦幅が広い方は、目全体の形状が丸く、元々の黒目の直径も大きい傾向があります。一般的には憧れられる目ですが、カラーコンタクトを入れてもあまり印象が変わらないと悩む方も多いようです。そこで、オススメのカラーコンタクトの選び方のポイントについて簡単にご紹介します。

着色直径の大きいレンズを選ぶ

黒目の大きさは着色直径で決まります。
元々の黒目の直径よりも着色直径の小さなレンズを入れると、不自然に見えたり印象があまり変わらなくなってしまいます。
レンズを購入する際は、予め自分の黒目の直径サイズを測っておき、それよりも大きな着色直径のサイズのものを選びましょう。
初心者の方は着色直径14.2~14.5mm程度から始めてみると良いでしょう。尚、レンズ直径(DIA)はレンズの直径のことで、着色直径と異なるので注意してくださいね。

縁ありタイプのレンズを選ぶ

レンズには瞳にインパクトを与える「縁ありタイプ」とナチュラルに瞳を印象付ける「縁なしタイプ」があります。目の縦幅が広い方は黒目がしっかり見えています。印象的な目元にするためには、この存在感のある黒目を活用しない手はありません。
縁ありタイプのレンズを入れると、黒目と白目のメリハリがついて、目力をよりアップさせることができます。
また、黒目がちでくりくりとした瞳をつくるなら、黒や茶などのダーク系カラーがオススメですよ。

いかがでしたでしょうか。カラーコンタクトを購入する際は、まず自分の目の形状を観察し、目に合ったサイズのものを選ぶことがポイントです。
その上で、なりたい瞳のイメージに合わせてデザインやカラーを選びましょう。
レンズの選び方をマスターすれば、失敗も少なくなります。様々なレンズに挑戦して、新しい魅力を引き出してみるのも楽しいですね。

カラコン通販ランキング