カラコン選び > カラコン知識 > 1ヶ月タイプのメリットデメリット

1ヶ月タイプのメリットデメリット

カラーコンタクトの「マンスリータイプ」とは、使用期限が一カ月のものを言います。他に、使い捨ての「ワンデータイプ」や使用期限が二か月の「ツーウィークタイプ」があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。レンズを購入する際は、予め各タイプの特徴を知っておくと良いでしょう。そこで、ここではマンスリータイプのメリット及びデメリットを簡単にご紹介します。

メリット

カラーコンタクトを毎日使う場合は、ワンデータイプに比べてコストがかからず、お得です。一般的に、ツーウィークタイプとワンマンスタイプのコストはあまり変わりませんが、ワンデータイプの3分の1程度と言われています。
「いつから使っているんだろう・・・」と忘れがちな使用期限も、ワンマンスなら「毎月15日」や「月末」など覚えやすいという利点もあります。あまりお金をかけずにオシャレを楽しみたい方や「ツーウィークタイプを使っているけれど使用期限をすぐ忘れてしまう・・・」という方などにオススメです。

デメリット

ツーウィークタイプと同様、レンズを外した後に洗浄や保存などのケアが必要です。ケアを怠ると使用期限までレンズが使えなくなったり、最悪の場合、眼病などのトラブルを起こすこともあります。一度習慣にすれば難しくありませんが、ケアに自信のない方や面倒くさがり屋さん、カラーコンタクト初心者の方は使い捨てのワンデータイプが良いかもしれません。
また、他のタイプに比べて種類があまりなく、乱視用、遠近両用、サークルレンズなどもありません。

いかがでしたでしょうか。最近では一本で洗浄から保存までできる便利なケアアイテムが数多く販売されています。そのようなアイテムをうまく利用しながら、お得にそして快適に”カラコンライフ”を楽しみましょう!

カラコン通販ランキング